DE10形式ディーゼル機関車は、貨客列車牽引や入換用途を主目的として開発され、1966年(昭和41年)から1978年(昭和53年)までに合計708両が製作され、日本各地のローカル線で蒸気機関車を置き換え、動力近代化を促進した。
 1962年(昭和37年)に本線用ディーゼル機関車DD51形でDML61系1,000PS級V型12気筒ディーゼル機関の実用化がなされると、同系統の機関を1基搭載とした中型機の構想が具体化した。エンジンや変速機を1系統とするなど、部品点数の削減で保守性の向上と軽量化を図り、支線区でも広汎に使用できる機関車を目標としたものである。DD20形の試用結果を受け、軸重・牽引性能と汎用性の両立を実現するため、動軸を5軸として13t級の軽軸重を実現し、3軸+2軸の台車配置・前後非対称の車体構造など、広汎に使用可能とするための設計が随所に盛り込まれた。これらの設計により、入換作業はもとより、臨時列車や貨物列車の牽引までをこなす高い汎用性から、国鉄の一形式単独としては唯一JR7社すべてに継承され使用されてきた。
 試作機の扱いとなるDE10 1, 2号機が松山気動車区に新製配置されたこともあり、本機は非常に四国にゆかりのある形式となっており、長らくJR四国多度津工場にて保管されていたDE10 1号機は、現在四国鉄道文化館にて静態保存中である。

 現在、JR四国に残るDE10はすべて改良増備形である1000番台以降で、基本番台の機関の設計を変更し、燃料噴射ポンプや予燃焼室の形状を改良して出力を向上したDML61ZB形 (1350PS / 1550rpm) を搭載した区分で、全車がSGを搭載する。

 JR四国には旧国鉄から基本番台機4両を含む37両が承継され、この中には「アイランドエクスプレス四国」牽引用の専用塗装機も存在した。JR四国発足当初に多数存在した50系客車の客車列車は、直後より気動車に置き換えられ、基本番台機を含む多数が淘汰された。以後も残存機が貨物列車や団体専用列車の牽引に使用されたが、石灰石専用貨物列車の廃止や予讃線観音寺 - 伊予市間の電化延伸に伴う貨物列車運用のJR貨物電気機関車への移管、団体専用列車の減少により稼動車は極端に減少している。2018年12月時点では、臨時列車・工事列車などの不定期列車牽引用として、高松運転所に2両のみ(1095, 1139)が在籍する。




DE10 1095 多度津にて

















DE10形主要諸元
DE10
形式 DE10 1000番台
運用者 日本国有鉄道
JR北海道
JR東日本
JR東海
JR西日本
JR四国
JR九州
JR貨物 
製造所  日本車輛製造
汽車製造
日立製作所
川崎重工業
製造年  1966-1978年
運用開始   1966年
最高運転速度  85 km/h(高速段)
45 km/h(低速段)
全長 14150 mm 
全幅 2950 mm 
全高  3965 mm
車体  普通鋼
車両定員 -
自重  72.0 t 
台車   DT131, DT132
機関   DML61ZB
機関出力   1350 PS/1550 rpm
変速機  DW6
変速段   変速2段、直結1段 手動切替
制動装置   自動空気ブレーキ
保安装置  ATS-SS