普通 キハ185系3000番台 予讃線 伊予若宮ー伊予大洲



  キハ185系3000/3100番台はキハ185系特急形気動車を普通列車用に改造した普通列車用気動車である。1998年3月から1999年3月にかけての3回に渡る時刻改正時に、特急”うずしお”用として高松運転所にN2000系が投入され、捻出されたキハ185系が余剰となった。また、当時松山運転所に配置され普通列車に使用されていたキハ58系(キハ65を含む)の老朽化が顕著となっていて、これらの置き換えを早急に行う必要があった。これらの理由により、まず1999年7月にトイレなし1000番台8両を、そして2000年6月にトイレ付き0番台2両を普通列車用に改造し、それぞれ3100番台、3000番台に改番した。

改造内容

一般・急行形気動車との併結改造
 運転台に余熱押しボタンを取り付けた。ジャンパ連結器は一般形気動車が放送回路用にKE66、制御・補助回路にKE53を使用しているのに対し、キハ185系はKE93のみを使用しており互換性が無かった。そのため、2・3位側に放送回路KE66ジャンパ栓受けを新設、制御・補助回路用はKE93ジャンパ栓受けにアダプターの役割をする「KE93+KE53×2の特殊両栓ジャンパ線」を取り付け、一般形気動車との互換性を持たせた。また2位側車体下部にKE53ジャンパ栓納めを2個取り付けた。ブレーキ装置も調圧器の設定圧力を変更した。

前面行き先表示
 前面貫通路窓下の愛称表示板取り付け金具を撤去し、内側に電動行き先表示器を取り付けた。表字幕は伊予長浜経由のものが紺地に白文字、それ以外が白地に黒文字である。

側面行き先表示器
 元キハ185 0番台であるキハ185 3000番台は側面行き先表示器を装備していたが使用されていなかった。3100番台は元1000番台のため側面行き先表示器は装備されていない。

室内の改造
 座席背面のテーブルの撤去、そしてリクライニング機能・灰皿が使用できないように固定され、枕カバーはビニール製のものに交換された。座席は向かい合わせの状態にセットされているが、座席の回転機能は生きている。座席モケットは、普通列車用改造の際には取り替えられていない。

車体装飾帯
 前面は青26号の太帯の上に、側面は下に赤い細帯を配した。

ナンバープレート
 車体に貼り付けられていたステンレス製のナンバープレートは文字の部分が凹んだエッチングのものであったが、平板のステンレス板に転写シールを貼り付けたものとなった。また、文字色も帯と同じ青26号から赤に変更され、フォントは国鉄フォントではなくオリジナルなものとなった。


特急用への復元

 2006年6月1日の時刻改正時に、特急”むろと”が増発された。そのため高松運転所のキハ185が不足し、松山運転所の普通列車用キハ185のうちトイレ付き3000番台2両全車が特急用に復元された。これによりキハ185 3000番台は区分番台消滅となった。

改造内容

ジャンパ連結器関連
 KE93+KE53×2の特殊ジャンパ線および放送用のKE66が撤去された。しかし、2位側に2つのKE53のジャンパ栓納めと放送用KE66の取り付け座が残っている。

座席
 座席は8000系電車更新時に発生したものを、モケットを張り替えて再利用した。

ナンバープレート
 車外のナンバープレートは貼られた転写シールを貼り替えている。「キハ」は国鉄フォントに戻ったが、数字は国鉄フォントに類似したJR四国オリジナルのものである。





普通 キハ185系3000番台 予讃線 伊予若宮ー伊予大洲



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通
 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島



普通 キハ185系3000番台 予讃線 宇和島





キハ185系3000/3100番台 主要諸元

形式 キハ185系3000/3100番台
運用者 JR四国
改造所 JR四国
多度津工場
改造年 1999年~2000年
在籍数 8両 
運用開始   1999年
最高運転速度  110 km/h
全長 21300 mm
全幅 2903 mm
全高 3845 mm
車体  ステンレス鋼
車両定員 60名(キハ185 3000番台) 
自重  39.0 t (キハ185 3000番台) 
台車   DT55/TR240
機関   DMF13HS
機関出力   250 PS/2000 rpm x2
変速機  TC2A/DF115A
変速段   変速1段、直結1段
制動装置   電磁自動空気ブレーキ(CLE)
保安装置  ATS-SS





キハ185 3000番台車歴表
 普通列車化改造工事  新製(改造種車)  普通列車化後の再改造
番号 改造種車 施工日 配置  年月日 製造所  施工日 記事 
キハ185-3009 キハ185-9 2000.6.26 - 1986.10.13 新潟 2006.7.18  特急車復元
キハ185-3013 キハ185-13 2000.6.26 - 1986.10.16 富士 2006.7.18 特急車復元
キハ185-3102 キハ185-1002 1999.7.1 - 1986.8.27 日車 2017.1.16  キロ185-1003へ
キハ185-3103 キハ185-1003 1999.7.1 松山  1986.8.27 日車  
キハ185-3105 キハ185-1005 1999.7.1 松山 1986.9.3 日車    
キハ185-3106 キハ185-1006 1999.7.1 松山 1986.9.10 日車    
キハ185-3107 キハ185-1007 1999.7.1 松山 1986.10.13 新潟    
キハ185-3109 キハ185-1009 1999.7.1 松山 1986.10.16 富士    
キハ185-3110 キハ185-1010 1999.7.1 松山 1986.10.16 富士    
キハ185-3113 キハ185-1013 1999.7.1 松山 1988.4.8 新潟    





<キハ185系 3000番台運用列車> (2020年3月14日改正)

予讃線
下り
 911D

上り
 628D






















キハ185系3000番台