普通 1500形 高徳線


 旧国鉄から承継し使用してきたキハ58系気動車など国鉄形気動車の老朽取替を目的として、JR四国が1000形気動車に引き続き製作した車両である。
 環境保全を重視した「環境にやさしい車両」として、かつ、バリアフリーに配慮した車両として開発され、2006年から徳島地区を中心として地域輸送に使用されている。なお増備は2014年(平成26年)配置の8次車(1568・1569)で終了した。

車体
 車体は、全長 21 m 級のステンレス製軽量構体で、運転台を両端に設けた両運転台式である。正面は鋼製で、中央に貫通路を設け、窓周り・行先表示部に黒色加工を施したスタイルである。客室窓は横長の2段式で、上段のみ開閉可能である。外部塗色は前面鋼製部分が若葉色、前面窓部は周囲を黒色、窓直下部・貫通扉を緑色とし、前後の客用扉には緑色系統の縦帯を配する。側面向かって左側の客用扉戸袋部に「すだち」を図案化したロゴマークを配する。正面下部の排障器(スカート)は左右に分割され、縁部の丸め処理・上縁部が中央に向かい下降する円弧形状など、独特の形状をもつ。客用扉は片開き式の引き戸を片側3か所に設け、扉の隣接部には開閉ボタン・ワンマン運転用の乗降口表示器を設ける。行先表示は側面の幕板部に方向幕を装備する。バリアフリー対応として、床面高さを1000型の1180mmより80mm低くした1100mmとし、客用扉部のステップを廃するなど、駅ホームとの段差を縮小する配慮がなされる。客用扉にドアチャイムを設置するほか、室内には車いすスペース・車いす対応トイレを設ける。冷房装置は集中式の AU720 形を屋根上に1基設置し、冷媒には代替フロン (R-407C) を用いている。

駆動系
 コマツ製の直列6気筒ディーゼル機関 SA6D140HE-2 (450PS) を1基搭載する。これはコモンレール方式の燃料噴射装置を搭載する機関で、同方式はJRグループ初の採用である。窒素酸化物 (NOx) の排出量を約 60 % 削減(1000形比)可能とされ、環境負荷軽減に寄与する。液体変速機は直結4段式で、変速段→直結段の切替は車両速度に応じ自動的になされる。従来の1000形・2000系気動車より切替の速度域を低くしたほか、運転士が停車状態からフルノッチを投入しても、機関回転数の上昇を段階的・連続的な変化に抑制させる制御機構をもつ。

台車
 円錐積層ゴムによる軸箱支持装置をもつボルスタレス台車 S-DT65 形(動力台車、2軸駆動) S-TR65 形(付随台車)で、低車高対応のため台車側梁の中央部高さを下げている。枕バネは空気バネ、基礎ブレーキ装置は踏面片押し式、牽引装置はZリンク式である。ブレーキ装置1000形と同様の電気指令式で、自動空気ブレーキのみ装備の国鉄形気動車(キハ58系など)とは併結使用ができない。併設する機関ブレーキ・排気ブレーキは従来形式より作動開始速度を引き上げ、機関ブレーキ投入時の制御方式を改良して排気ブレーキ初動時の黒煙発生を減少させている。

室内設備
 室内は5000系電車と同様の転換クロスシートで、JR四国所有の気動車では初の採用である。客用扉隣接部には補助座席を設ける。内装材は8000系電車(リニューアル車)を踏襲した木目調のパネルを使用する。1 - 6次車は 2+2形式の転換クロスシートである。

 電気連結器付き密着連結器を装備するため、通常運用においては同連結器を装備する1200形のみ併結可能となっている。ワンマン運転に対応し、整理券発行機・運賃表示器・運賃箱を設置する。諸機器は運転席のモニタ装置で連動設定が可能で、出発前の設定が1000形などに比べ大幅に簡素化された。運転台は視認性とメンテナンス性向上のため、JR四国では初となるタッチパネル式モニタ装置・時刻表掲示台の白色LED照明などの対応がなされる。マスコンハンドルは、5000系電車と同様の横軸ツインレバー型を採用する。

7次車
 2013年に、内外装ともに大幅にリニューアルした7次車が、近畿車輛で2両(1566 , 1567)製作された。これが近畿車輛製としてはキハ81 1 - 3以来、53年ぶりに製造された国内向け気動車となる。また、JR四国では7000系電車以来となる近畿車輛製の車両でもある。外観基本的な構造は変わらないものの、6次車までのもつイメージを継承しながらも、先進性を表す翼状の傾斜面を前面窓の下部に配すように変更し、この傾斜面をより引き立たせるために前面窓ガラスを平面とし、より洗練された造型としている。また従来、若葉色をベース色としていた鋼製部分もアルミに近似の銀色塗装となり、車体配色等もターコイズ系の塗装になるなど大幅に異なっている。スカートの形状や前面窓の形状も変更され、車両番号が正面に向かって右側の排障器に表記された他、新たに「SHIKOKU RAILWAY COMPANY」という社名標記が、車両正面及び車両側面に加えられている。車両側面ではロゴマークが変更された上でやや下寄りに「Ecology Diesel Train 1500 series」と標記され、車両正面同様配色も変更されている。内装車内配色が従来の木目調のほか、白色も使用されている。床面は灰色に変更され、出入口部は1次車より青色のノンスリップタイプを使用していたが、7次車から注意喚起を示すため黄色に変更された。この他、出入口部関係では鴨居下部にドア開閉案内として赤色LEDを新設し開閉直前および開閉中は点滅する。座席部は緑系モケットの転換クロスシートに加え、新たに片持ちバケット式ロングシートを千鳥配置としており、着座定員確保や車内スペースの拡大を図っている。優先座席部では座席のモケットを青色に塗り分け、優先座席標記はマタニティーマーク入りの新デザインの物に変更されている。またJR四国で初めてLCD式の運賃表示器を採用し、従来車内案内表示器のあった場所に設置されている。ツーマン時は運賃表表示を省略し、次駅案内等のみを行っている。

参考出展:https://ja.wikipedia.org





普通 1500形 牟岐線 海部




普通 1500形 高徳線




普通 1500形+1200形 徳島線 辻ー阿波加茂




普通 1500形 徳島線 川田ー阿波山川




普通 1500形(7次車)+1200形 徳島線





1500形主要諸元

形式 1500 
運用者 JR四国 
製造所  新潟トランシス
近畿車輛(7次車)
製造年  2006年~2014年
製造数  34両
運用開始   2006年5月25日
最高運転速度  110 km/h
全長 21300 mm 
全幅 2988 mm
全高 3976 mm
床面高さ 1100 mm
車体 ステンレス鋼
車輪径  860 mm
車両定員 121名
自重   35.0 t
台車   S-DT65/S-TR65
機関   コマツ SA6D140-HE-2
機関出力   450 PS
変速機  DW-21D
変速段   変速1段、直結4段
制動装置   電気指令式空気ブレーキ
機関排気ブレーキ併用
保安装置  ATS-SS




1500形車内




1500形運転室




1500形車歴表

番号 新製年  製造所 新製配置 現配置 備考 
1501 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車 
1502 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1503 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1504 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1505 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1506 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1507 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1508 06 新潟ト 徳島 徳島 1次車
1509 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1510 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1511 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1512 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1513 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1514 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1515 08 新潟ト 徳島 徳島 2次車
1551 09 新潟ト 徳島 徳島 3次車
1552 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1553 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1554 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1555 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1556 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1557 10 新潟ト 徳島 徳島 4次車
1558 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1559 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1560 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1561 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1562 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1563 11 新潟ト 徳島 徳島 5次車
1564 12 新潟ト 徳島 徳島 6次車
1565 12 新潟ト 徳島 徳島 6次車
1566 13 近車 徳島 徳島 7次車
1567 13 近車 徳島 徳島 7次車
1568 14 新潟ト 徳島 徳島 8次車
1569 14 新潟ト 徳島 徳島 8次車

























1500形