役目を終えた四国の名車たちが、往時の姿で四国外でも保存展示されています。
ここでは、番外編として四国外で保存展示されている四国ゆかりの車両を紹介します。




岡山県 津山まなびの鉄道館

DF50形ディーゼル機関車 DF50 18

 津山まなびの鉄道館は、国内に現存する扇形機関車庫の中で2番目の規模をほこる「旧津山扇形機関車庫」や収蔵車両を中心とするさまざまな展示と憩いの施設で構成されています。
 津山まなびの鉄道館の収蔵車両の特徴は、圧倒的なディーゼル車両を収蔵し、展示している事だと思います。他の施設が、蒸気機関車や電気機関車、新幹線などを主体にしている中、非常にめずらしい収蔵内容と言えます。四国は、かつてディーゼル王国と呼ばれたように、ディーゼル車が活躍の主体であっただけに、津山まなびの鉄道館では四国で活躍した車両の同型車も数多く展示されています。
 そのような環境の中、四国で活躍したDF50 18が津山まなびの鉄道館で保存展示されています。DF50 18は四国生え抜き車両で、新製配置後一度も四国外への配置は無かったのですが、廃車後は大阪にあった交通科学館で保存展示されていました。しかし、交通科学館に代わり、京都鉄道博物館が開館するに伴い、DF50 18は京都鉄道博物館入りに漏れる形となり、津山まなびの鉄道館で保存展示されることになりました。解体される事なく、新しい安住の地を見つけ何よりです。
 さて、津山まなびの鉄道館は、残念ながらその特徴である扇形機関車庫の中には入ることができず、通常は収蔵車両の正面しか見ることができません。しかし、 1か月に1週末程度ですが、1車両が車庫から引き出され、転車台上での展示が実施されます。今回は、DF50 18が転車台上展示となりましたので、早速訪問し、交通科学館以来の再会となりました。




美しきDF50 18



DF50四国所属機の特徴である前面強化もはっきり分かる。



DF50 18は四国在籍中は高知配置が長く、主に土讃線で活躍。












扇形庫に収蔵されたディーゼル車両。いずれも四国所属車の同型車である。


キハ181国鉄色。四国では特急「しおかぜ」「南風」で活躍。
保存車であるキハ181-12は、特急「はまかぜ」で活躍した車両です。




その他にもたくさんのディーゼル機関車を保存展示。残念ながら四国配置車の同型機は
DD13のみ。(DD13の四国配置期間は短期間)




扇形機関庫外観。美しい建造物だ。







愛知県 リニア・鉄道館

キハ181系ディーゼル動車 キハ181-1

 リニア・鉄道館は、高速鉄道技術の進歩などを広く紹介する事を目的とし、JR東海により2011年3月に名古屋市港区金城埠頭に開設されました。リニア・鉄道館の特徴は、東海道新幹線を擁するJR東海らしく、圧倒的な新幹線車両を収蔵し、展示している事だと思います。さらに2014年には700系新幹線電車(723-9001)が、2019年にはN700系新幹線電車(X0編成3両)が展示に加わっています。一方で、この追加展示車両に置き換わる形で従来展示されていた300系の323-20、117系3両のうち2両、381系のクロ381-11の展示が終了しています。新しい文化財のために、古い文化財を解体するなど理解不能であり、JR東海の文化財に対する考え方には疑問を感じます。尚、新幹線、在来線車両共に展示車両は、ほとんどが東海地方にゆかりのある車両になっています。また、展示車両は全て静態保存車両で動態保存車両はありません。(本館はJR線との接続は無い。)
 さて、以上のようなリニア・鉄道館ですが、なんと四国で活躍したキハ181系のキハ181-1がリニア・鉄道館で保存展示されています。実はキハ181-1は完全なる四国生え抜き車両では無く、昭和43年の新製配置は名古屋で、当初中央西線の特急「しなの」で活躍しました。その後、1975年(昭和50年)の電化に伴い「しなの」は振子特急電車381系に置き換えられ、キハ181-1は四国に渡り特急「しおかぜ」・「南風」として活躍しました。1993年(平成5年)の廃車後は、JR四国からJR東海に譲渡され、リニア・鉄道館の前身である佐久間レールパークで保存展示されていました。そしてその後、リニア・鉄道館が開館するのに伴い、移送の上、リニア・鉄道館で保存展示されることになりました。解体される事なく、新しい安住の地を見つけ何よりです。



凛々しく美しいキハ181-1。当時の国鉄車両設計事務所のデザイナーは本当にすごい。



JR四国色時代には取り払われたJNRマーク。保存に際して復帰。







キハ181系の性能を支えた500PS機関のDML30HSC。
運転当時の爆音が脳裏に蘇る。



キハ181系の説明板。キハ181-1は生涯のほとんどを四国で過ごしたにも関わらず、
説明では四国のことは一言も触れられていない。




車両後部から車内に入ることができる。



キハ181系の特徴の一つ折戸の出入口扉



現役当時の車内の様子が蘇る!
座席は四国時代のまま(国鉄オリジナル仕様では無い)


前方は発電機室で通り抜け不可の構造。



車内銘板も残る。国鉄時代のものでは無く、JR四国のオリジナル銘板。



色褪せた車内広告もJR四国時代の物がそのまま残る。
「瀬戸大橋京阪フィッシャーマンズワーフ」の広告。与島にあったが現存しない。






「しおかぜ」のヘッドマークを掲げてみたい。。。



凛々しく美しい。

























番外編 四国外にある四国ゆかりの保存鉄道車両